ツクルクルとは?

放課後等デイサービス ツクルクルは児童福祉法に基づき、障がいのある小学校1年生~高校3年生の「放課後等デイサービス」を提供しています。

 

ITやロボット制作のスキルを通じて、これから将来への「生きる力」を育む療育環境を作っていきます。

 

小学生の間は「遊び」を通じて自分の「好き」に気づくことと、基本的なITスキルを身に付けます。中学、高校生に対しては、自分の好きな事や関心のあることから社会を意識したコミュニケーションを通じ、学ぶ目的を作りながら、社会へ向けた針路を一緒に考えます。


こども達との信頼関係が一番大切ですので、日頃のコミュニケーションが重要、ご家族との関係も同様です。

ツクルクルのスタッフは子ども達の応援団です。療育の時間で気づく様々なことをご家族と共に情報を共有し、ご相談しながら共に社会に向けた学びの方向性を描きます。

TSUKURUKURU MISSION

プログラミング
ロボット制作

ロボットの制作を通じて、空間認識能力が磨かれてます。テキストを見ながら作ることで論理的思考力が養われ、自分なりの改造を行うことで創造力が培われます。

 

​子どもたちの「こんなものを作りたい」を大事にしています。

​創作

基礎的なITリテラシー教育としてタイピング練習やプログラミング学習(ScratchやDAISEN)を行っています。

​ゲームを作ったり、ロボットを動かしてみたり、楽しく学ぶことからITへの抵抗感をなくし、子どもたちの将来の可能性を広げます。

 
対話
マインクラフト・PCゲーム

PC・タブレットなどの遊びを通じて、信頼関係を築きます。

 

現代の子どもたちは、時代に合わせてどんどん新しい遊びを覚えていきます。マインクラフトというゲームではお互いに作ったものを見せ合ったり、競い合ったりしています。

 

遊びの中から得意なこと、自信を持てることを見つけていきます。

ボードゲーム・カードゲーム

ゲームは子どもたちの大切なコミュケーションツールです。カードゲームやボードゲームを通じて、同じ場所同じ時間で楽しむことで、仲間との絆が生まれます。

​子どもたちの好きを大事に、子どもたちの目線でコミュニケーションを大切にしています。

 
育み
 
ひとまちファーム

ツクルクルでは農業体験も行っていきます。​季節ごとにみんなで作ったものを、みんなで食べる。自然や生き物を大切にする気持ちが育ち、作物を収穫する喜びや充実感を得ることができます。

現代の子供たちにとって貴重な体験であり、​それを分かち合うことで、子供たちの心は育まれていきます。

​イベント

ツクルクルでは様々なイベントを企画していきます。​クリスマス会や合宿など、子どもたちや親御さんと一緒に

楽しい時間を作ることで、絆を深めます。

子どもも親もスタッフも一緒に考え、一緒に楽しめる。その関係と時間を大切にしています。​

 

© 2016 放課後等デイサービス ツクルクル

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now